月別アーカイブ: 2月 2017

ジャンボカルタ大会

2月20日(月)に、全校でジャンボカルタ大会を行いました。色団に分かれ、読み札に合ったジャンボカルタを取り合います。学校行事や学校生活を題材に、北っ子が作ったジャンボカルタは全48種あります。子供たちは、読み札が読まれるたびにジャンボカルタの周りに駆け寄り、取り札を見付けていました。そして、歓声を上げながら、それぞれの団席に持ち帰っていました。

どの団も協力してジャンボカルタを獲得し、接戦を制したのは青団でした。
優勝おめでとう。


 

カテゴリー: 未分類 |

2月17日 1年生 幼保小交流

今日、1年生が「もうすぐ1年生、なかよくなろうね集会」を開きました。北加積幼稚園、やなぎはら保育園、浜加積保育園の園児の皆さんに来てもらい、仲良く交流することができました。

始めに、「がっこうしょうかい」です。運動会や学習発表会、もちつき会等、行事の様子を紹介しました。

次は、「がっこうたんけん」です。1年生と園児でグループをつくり、学校のいろいろなところを見学しました。1年生は、一緒にまわる園児たちに、どんな教室か、何があるかなど、やさしく教えてあげていました。

最後に、1年生教室で「クラスでおべんきょう」です。プリントで「なぞりがきれんしゅう」や「しりとりめいろ」をしたり、おはじきを使って、どちらが多いかの勉強をしたりしました。

1年生は、協力して楽しい集会にすることができました。園児の皆さんに、北加積小学校のことを、よく分かってもらえたと思います。

園児の皆さん、4月には元気に入学してくださいね。

カテゴリー: 未分類 |

2月16日 さわやか集会

2月16日(木)に、さわやか集会が行われました。
今回は4年生が、縄跳びのパフォーマンスを披露してくれました。

短縄では、あやとびや二重跳び、はやぶざ等、様々な技を見せてくれました。

長縄では、三つの演技を見せてくれました。
始めに、跳ぶ子供たちが整列し、順番に一人ずつ縄を上手にくぐり抜けていきました。続いて、長縄を跳びながら、その中で前跳びや二重跳び等、短縄の技を披露してくれました。技が成功すると、他学年の子供たちから大きな拍手が送られていました。
最後は、長縄を二人ペアでくぐる技を披露してくれました。
次々に、ペアで長縄をくぐり抜けていくと、子供たちから歓声が上がりました。


学年発表後の全校合唱では、六年生のピアノ伴奏に合わせて、すてきな歌声が響き渡りました。

学年、全校で心を一つに頑張った集会となりました。

カテゴリー: 未分類 |

長縄大会

2月14日(火)に、長縄大会が行われました。
各団2つの班が合同で、一斉跳びに挑戦しました。

練習では、なかなか全員のジャンプのタイミングが合わず、どの色団も苦労していました。回す速さを決めて掛け声に合わせて跳んだり、上級生が1年生をリードしたりして、工夫して練習に取り組んでいました。

本番では、これまでの練習の成果を生かして、どの団も連続跳びを成功させていました。優勝は黄団、2位は赤団でした。

競技の後、優勝した団や、回数の多かった班が表彰されました。
どの団の子供たちも、協力して最後まで精一杯取り組み、満足そうな表情を浮かべていました。

長縄を通して、なかよし班で結束し、みんなで頑張り抜く貴重な体験ができました。

カテゴリー: 未分類 |

2月2日  さわやか集会

2月2日(木)に、さわやか集会がありました。
今回は、1年生が音楽科で学習した曲を演奏しました。「こいぬのマーチ」では、鍵盤ハーモニカとカスタネット、鉄琴を使って、テンポのよい合奏をしました。続いて、わらべうた「なべなべそこぬけ」を1年生が歌いながら、なかよし班ごとに手をつないで輪になり、次々にひっくり返って楽しみました。
子供たちは、笑顔で歓声をあげながら、活動を楽しんでいました。

1年生のみなさん、すばらしい発表をありがとう。

IMG_0518 - コピーIMG_8119 - コピー
IMG_8110 - コピーIMG_8112 - コピー

カテゴリー: 未分類 |

2月1日 避難訓練

2月1日(水)の「のびのびタイム」の時間に、第5回避難訓練を行いました。
今回は、休憩時間に火災が起こった場合を想定した訓練でした。

子供たちは、火災を知らせる放送を聞きながら、火災が発生した場所や避難場所を確認して、迅速に避難をしていました。
これまでの避難訓練を通して、災害が起こった場合に自分の命を守るために、①災害情報を正確に聞き取ること(静かに放送を聞き、どこが危険に避難するのか聞き取る。)、②自分の身の安全を確保しながら、速やかに避難すること(適切な避難経路を考えながら、「お・は・し・も」の約束を守り避難する。)等を実践してきました。

全体の振り返りの中で、「いつ、どこで火災や地震等の災害が起こっても、自分の命を守ることができる」と回答している子供がたくさん見受けられました。子供たち一人一人が、自分の命を自分で守ることができるように、計画的に避難訓練を行っていきたいと思います。

 

 

カテゴリー: 未分類 |