月別アーカイブ: 2月 2018

全校音楽教室

2月17日(土)の3時間目に、トロンボニストの廣瀬 大悟さん、ピアニストの廣瀬 鏡絵さんを迎えて、全校音楽教室が行われました。

オープニングでは、廣瀬 大悟さんがトロンボーンの音色とともに入場し、会場を盛り上げました。
ファンファーレ・マーチでは、ディズニーメドレーに北加積小学校の校歌が加わり、親しみのある曲で演奏会の幕開けとなりました。

クラシックの名曲や舞台音楽、滑川ゆかりの名曲「時計台の鐘」等、バラエティーに富んだすばらしい演奏を聴かせていただきました。
また、ジブリの曲や、最近のドラマのテーマ曲等、子供たちがよく知っている曲も演奏されました。

「時計台の鐘」では、寺島教頭が歌を、PTA会長の泉さんがトライアングルを担当して、夢の共演がありました。息ぴったりの見事な演奏に、子供たちの喜びもひとしおだったようです。

演奏の合間には、楽器の話や演奏の仕方について、分かりやすいお話がありました。トロンボーンの管を伸ばすと、2.8mもあることや、唇の動きで音色を変えていること等、子供たちは興味津々に聞いていました。

演奏が終わると、子供たちは感謝の気持ちいっぱいに、大きな拍手を送っていました。

アンコールでは、テレビでおなじみの「サザエさん」テーマ曲が演奏され、子供たちは歌を口ずさみながら、一心に聴き入っていました。
最後には、6年生代表児童より、お二人に、お礼の言葉や花束をお贈りしました。

廣瀬 大悟さん、廣瀬 鏡絵さん、すてきな演奏をありがとうございました。

カテゴリー: 学校行事 |

3年生社会 博物館出前講座

2月17日(土)の土曜学習で、2時間目に滑川市立博物館による出前講座がありました。
今回は、3年生が社会科「古い道具と昔のくらし」の学習で、昔の道具やくらしについて、学芸員の近藤先生より詳しく教えていただきました。

はじめに、写真資料を使って、昔は、電気冷蔵庫や冷房の代わりに、氷を使って物や部屋を冷やしていたことや、台所は土間にあったこと等、昔のくらしの様子を、分かりやすく説明していただきました。
子供たちは、今のような電化製品がない時代の様子について、興味深く話を聞いていました。

後半は、展示いただいた古いアイロンや湯たんぽ、七輪などの道具の使い方等を教わりました。実物を目にすることで、「アイロンにどこから炭を入れるのか」「とっくりには、お酒の他に、どんなものを入れて使っていたのか」等、子供たちは疑問に思ったことを次々に質問していました。

昔の道具のことや、昔の人の知恵や生活の仕方について、説明や質問を通して、理解を深めることができたようです。
近藤先生、ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 |

長縄大会

2月15日(木)の「のびのびタイム」に、長縄大会が行われました。

3学期に入り、繰り返し長縄練習を行ってきました。連続10回、20回跳んで、記録を伸ばしてきた班もあり、前回の練習では接戦になっていました。
今日は、開始前に各班で練習を行った後、体育委員会の司会進行で、長縄大会がスタートしました。
2分間の制限時間で一斉跳びを2回行い、合計回数を競いました。

多くの班が、かけ声に合わせてリズムよく跳び、連続回数を伸ばしていました。

結果は、青団が248回で1位になりました。また、上位3班が、表彰を受けました。

どの班も、練習の成果を発揮することができたようです。子供たちの表情は、生き生きと輝いていました。

カテゴリー: 未分類 |

ジャンボカルタ大会

2月8日(木)に、ジャンボカルタ大会が行われました。

はじめに、企画運営委員会がルール説明をした後、各団で「意気込み」を行い、気持ちを一つにしました。

 

そして、各団2つに分かれて、学年ごとに、読み札に合わせて取り札を競って取り合いました。

 

子供たちは、練習の成果を発揮して、読み札が読まれると、すぐに取り札を見つけて取りに行っていました。
同時に何人も札に触れた場合は、審判の6年生の指示に従って、ジャンケンで取り主を決めていました。
読み札が読まれるとすぐに、取り札に向かう子供もいて、大いに盛り上がりました。

 

結果は、赤団が15枚のカルタを獲得し、優勝しました。表彰式では、各団の健闘をたたえ、それぞれの団長に賞状が贈られました。

気持ちを一つに、各団がんばったジャンボカルタ大会になりました。
来週は、長縄大会があります。新記録を目指して、どの団も団結してがんばってほしいと思います。

カテゴリー: 未分類 |

3・4年生 長縄教室

2月2日(金)の4時間目に、スタジオじゆうの先生を外部講師に迎え、3・4年生を対象とした長縄教室が行われました。

はじめに、柔軟体操や跳ぶ運動でウォーミングアップをしました。体育館のラインを目印に、縦や横向きに跳び越えたり、手の動きを合わせたりしながら、リズムよく体を動かしました。

続いて、3年生・4年生に分かれて、ダブルダッチの指導を受けました。
スタートする場所や、縄を跳ぶ場所、縄を出て走り抜ける場所の3カ所に目印を置き、子供たちは、一人ずつ目印に沿ってダブルダッチに挑戦しました。
講師の先生からは、「縄に入るタイミングは、手前側の縄が一番高く上がったときだよ。」と教わったり、かけ声をかけていただいたりしました。
はじめはタイミングがなかなか合わず、縄に入るのをとまどっている子供がいましたが、上手に跳ぶ友達の様子を見て、少しずつコツが見えてきたようでした。子供たちは、次々にダブルダッチを跳んでくぐり抜けると、歓声をあげていました。
片足跳びや、跳びながら体の向きを変える技にも挑戦する子供もいました。

授業の終りには、「もっと跳びたかった」という声も聞かれました。長縄を通して、跳ぶことができるようになって自信につながった子供が多く見られ、子供たちの表情は生き生きとしていました。

 

 

カテゴリー: 未分類 |

寒さをふきとばそう集会

2月1日(木)の3・4時間目に、1年生・2年生・3年生合同で「寒さをふきとばそう集会」を行いました。

毎年、上学年がスキー教室で校外学習に行く日は、3年生が上級生として1・2年生を楽しませるために集会を企画し、様々なゲーム活動を通して交流を深めます。

今年は、①空き缶ダーツボール、②ジェスチャー伝言板ゲーム、③ねずみとねこ、の3つのゲームを、みんなで楽しみました。
3年生の子供たちは、整列の並び順やゲームのルールを教えたり、得点を記録したりして、下級生に優しく接していました。

1年生、2年生の子供たちは、空き缶ダーツボールで空き缶を倒すと歓声をあげたり、ジェスチャー伝言板ゲームで、次の人に動きが分かるように、真剣にジェスチャーで伝言を伝えたりして、楽しく活動しました。
最後のねずみとねこのゲームでは、先生の「ねずみ」「ねこ」というかけ声に合わせて、呼ばれた動物の名前のチームが、相手チームを全力で追いかけ、大いに盛り上がりました。

子供たちは、寒さも時間も忘れ、楽しい時間を過ごすことができました。
2月は、これから、ジャンボカルタ大会や長縄大会があります。
学年を越えて、北っ子の仲よしの絆が深まり、よい思い出が増えていってほしいと思います。


集会スタートです!


空き缶ダーツボール・・・ボールを転がし、空き缶を倒します。缶の倒れた場所で点数が決まります。


ジェスチャー伝言板ゲーム・・・グループごとにお題をジェスチャーで伝え、最後の人が正しくお題を言えるかどうかを競います。一問目は「うさぎ」で、どのチームも正解でした。


ねずみとねこ・・・先生の声に合わせて、どちらのチームもすばやく動きます。寒さをふきとばす、熱いゲームになりました。

カテゴリー: 未分類 |