6年生 保健指導「飲酒の害」

12月11日(金)、6年生は保健の学習で「飲酒の害」について考えました。「ノンアルコールは、アルコールが入っていないから未成年者も飲んでもいいと思う」は、正しいのか?という疑問をもって、朝倉先生からお話を聞きました。「法律ではアルコール分が少ないから、アルコール扱いにはなっていませんが、売り場ではアルコールのコーナーに並べてあります。…飲料関係の企業でも、未成年者の脳や体の成長には好ましくないと考えているから、注意を呼び掛けているのです」など、朝倉先生の話を真剣に聞いていました。また、過剰な飲酒によって病んでしまった肝臓や脳の写真を見たり、未成年者の飲酒が及ぼす害についてのDVDを視聴したりして、子供たちの中には、「ノンアルコールだから大丈夫ではないのだ」という考えが深まったようでした。
DSCN0171DSCN0177DSCN0180DSCN0178DSCN0182DSCN0184