4年生 和楽器「三味線」体験教室

12月12日(土)、今日の土曜授業に、4年生は和楽器「三味線」体験教室を行いました。指導してくださったのは、藤本流総師範 浜谷君子先生と、浜谷拓也先生です。「こきりこぶし」は、富山を代表する民謡であり日本で一番古く伝わる民謡であることや三線から三味線への移り変わりを教えていただきました。三線と三味線の音色の違いを聴き比べ、ずいぶんな違いがあることがよく分かりました。そして、後半には三味線で演奏するという体験へと、興味深く楽しい学習をしました。始めは三味線にこわごわ触れていた子供たちでしたが、少しずつコツが呑み込めて、良い音が出る子供もいたようでした。何といっても実際に触れてみるという体験が、子供たちにはとても大切なことだと思います。
DSCN0189DSCN0186DSCN0191DSCN0190DSCN0195DSCN0199DSCN0193DSCN0203DSCN0197DSCN0198