5年生 書初教室「春の大地」を書く

12月16日(水)、5年生の書初教室を行い、「春の大地」を練習しました。稲垣先生からは、「手本を見ながら書くのではなく、手本の書き方を覚えるのです。手で書くのではなく頭を使って、考えて書くことが大切です。自分の字の良い所やうまくいかなかった所をよく理解し、次には気を付けることが肝心です。考えないで、何十枚練習してもよい作品にはならないでしょう…」というアドバイスをいただきました。準備~部分練習~全体練習というステップを踏んで、これから練習に励んでほしいと思います。指導してくださった稲垣先生、ありがとうございました。
DSCN0259DSCN0257DSCN0260DSCN0262DSCN0261DSCN0268DSCN0274DSCN0275DSCN0276DSCN0278