3年生校外学習

5月25日(水)に、3年生5名が、滑川市給食共同調理場を見学しました。

「何人分の給食を作っておられるのですか?」

「調理員さんは、何人働いておられるのですか?」

「あの機械は 、何をするためのものですか?」

子供たちが疑問に思ったことを次々質問し、栄養教諭の松井先生に色々と教えていただきました。
見学をしてみて一番驚いたことは、調理場ができて17年も経過しているのに、調理室や調理器具がピカピカに輝いていたことです。毎日、調理後に1時間かけて掃除されると聞いて、さらにびっくりしました。

DSCN0083 - コピー

DSCN0101 - コピー

また、新作メニューを考える部屋があり、みんなが大好きな「ホタルイカボンボン」も、ここで考えられたと教えていただきました。

他の3年生の子供たちも、総合的な学習の時間で、校区の自慢や秘密を見付ける校外学習を進めています。様々な施設や場所へ行き、そこで教えてもらったり、見付けたりしたことをみんなに紹介できるようにまとめる予定です。
北加積校区のどんな自慢や秘密が出てくるのか、楽しみです。