なかよし学習

6月27日(月)に、東部小学校でなかよし学習がありました。

DSCN0093 - コピー

北加積小学校はゲームを担当しました。本校から参加した子供たちは、ジャンケンマンに変身して、ジャンケンを交えながら「ジャンケン列車」「新聞大陸」「ジャンケン石取り」の3つのゲームの進行をしました。

「ジャンケン列車」・・・音楽に合わせて歩き回り、音楽が止まるとジャンケンをして列車になります。優勝した友達には、すてきな「しおり」の プレゼントがありました。

「新聞大陸」・・・広げた新聞にのり、ジャンケンマンとジャンケン勝負をします。負けると新聞を半分に折りたたみます。新聞が小さくなり、両足がのらなくなると座ります。

「ジャンケン石取り」・・・2人ペアでジャンケンをして、勝った人がブロックを1つずつ取っていきます。多くのブロックを取った人が勝ちです。

会場では、たくさんの友達がジャンケンマンに勝とうと、ゲームを楽しんでいました。

午後の自由遊びでは、長縄やハンカチ落としをして、みんなで楽しみました。子供たちも仲良く長縄を跳んだり、縄を回したりして、友達との触れ合いを楽しんでいました。
また、感想タイムや終わりの言葉では、「ゲームが一番楽しかった。」という感想が聞かれました。ジャンケンマンとして活躍した子供たちも、友達が喜んでくれたことで満足したようです。

なかよし学習は、2学期・3学期も行われます。これからも、たくさんの友達と交流を深めていきましょう。