学校コンサート

7月9日(土)の3時間目に、弦楽四重奏の演奏家の方々を招き、学校コンサートが行われました。
楽器の編成について紹介された後、曲紹介を交えながら次々とクラシックの名曲が演奏されました。

IMG_4990 - コピー

アンダーソン作曲「ワルツィングキャット」では、動物の鳴き声や踊る様子を表したリズミカルな演奏が響き渡りました。
ヴィヴァルディ作曲「四季」では、楽器で春の喜びを鳥のさえずりで表現したり、秋に狩りをする様子を鉄砲の音を入れて表現したりしていること等、四季の情景が演奏から思い浮かぶようでした。

IMG_5018 - コピー

演奏の間に、代表児童による楽器体験がありました。初めてヴァイオリンに触れる子供も多く、講師の先生から持ち方や弓の弾き方を教わりながら、演奏にチャレンジしました。代表児童が手にしたヴァイオリンからきれいな音が出ると、歓声が上がりました。

演奏の最後には、校歌が演奏され、全員で斉唱しました。いつもと違う弦楽器の美しい響きにのって、子供たちの元気な歌声が会場いっぱいに響き渡りました。

演奏してくださった皆様、素晴らしい音楽の贈り物をありがとうございました。