入学を祝う会

4月28日(金)に、入学を祝う会が行われました。 はじめに、1年生が自己紹介をしました。一人ずつ自分の名前と好きなものを大きな声で発表すると、上級生たちは興味深く聞き入っていました。自己紹介の後、校歌を歌い、すてきな歌声をプレゼントしてくれました。

続いて、上級生が出し物を発表して、1年生にお祝いの気持ちを伝えました。

2年生は歌のプレゼントをしました。「メッセージ」と「にじ」の2曲を歌い、「これから一緒に頑張ろう」と励ましの言葉を送っていました。

3年生は、手作りの「しおり」と「鉛筆立て」を1年生にプレゼントしました。一人ずつ手渡した後、「たくさん本を読んで、たくさん勉強して、かしこい北っ子になってください」と、1年生にエールを送りました。

4年生は、学校の自然や「純和の鐘」にまつわるクイズをしました。1年生が親しみやすいように分かりやすい言葉で、出題や解説をしていました。

5年生は、北っ子の生活や授業について、劇を交えて紹介しました。国語と体育の授業紹介では、1年生をゲストにステージに上がってもらい、言葉遊びゲームや縄跳び対決をしました。1年生がステージ上で言葉をつなげたり、縄跳びを上手に跳んだりすると、体育館に歓声があふれました。

6年生は、全校ゲームで「猛獣狩りゲーム」をしました。お題の言葉の文字数に合わせた人数でグループをつくりました。今回のゲームでは、グループに必ず1年生を入れるという条件がつき、上級生たちは1年生に声を掛けながら、楽しくグループをつくっていました。
途中、仲良しの1年生の友達が離れ離れになり、さびしそうな様子を見せた1年生がいましたが、担任の藤澤先生がすぐに寄り添い、声を掛けて一緒にグループに入る場面がありました。優しい先生と一緒で、1年生も安心した様子でした。

1年生の皆さん、上級生たちと楽しく、仲良く過ごすことができましたね。これからも、なかよし班で楽しい思い出をたくさんつくっていきましょう。