第2回 避難訓練

6月28日(水)の「のびのびタイム」に、不審者を想定した避難訓練が行われました。

今回は休憩時間での避難訓練です。友達同士で遊んでいた子供たちは、放送が始まると動きを止めて、不審者の発見された場所や避難場所を聞き取り、合図に合わせて避難を開始しました。

また、職員も不審者対応と児童誘導、残留児童確認等の役割を分担し、それぞれの動きやタイミングを確認しました。

避難が完了した後、校長先生の講評と、スクールガードリーダーの神田さんのお話を聞きました。
校長先生からは、「放送をしっかり聞くこと」「体育館へ避難したら、すばやく整列すること」の2点について、話がありました。
スクールガードリーダーの神田さんからは、自分の身を守るために大切な行動として、
「①放送を静かに聞く、②先生の指示に従う、③真剣な態度で避難する」を心がけ、秩序を守って安全に避難するようにアドバイスがありました。また、避難の約束「おはしも」や「きょうはいかのおすし」の標語についても、分かりやすく説明していただきました。

避難訓練を通して、「自分の身は自分で守る」強い気持ちをもち、正しい避難の仕方を身に付けましょう。