2学期 終業式

12月22日(金)に、2学期終業式が行われました。
校長先生から、①夢をもつことの大切さ、②勉強や運動等を継続して頑張ることの大切さ についてお話がありました。


<校長先生のお話より>
アメリカの大リーグで活躍しているイチロー選手が、小学校6年生のときに書いた作文を紹介します。
イチロー選手の将来の夢は、「一流のプロ野球選手」になることでした。そのために、少年野球チームに入り、一生懸命練習を続けました。
小学6年生のときに全国大会に出場し、すばらしい成績を収めました。作文では、この調子で頑張ってプロ野球に入り、一流の選手になりたい、活躍したらお世話になった人に招待状を送りたいという、イチロー選手の夢が書かれています。

イチロー選手は、一生懸命に練習を続け、日本でトップ選手になりました。アメリカで世界的記録を残し、今も活躍し続けています。
イチロー選手が雑誌のインタビューで、好きな言葉として「継続は力なり」と答えました。続けると努力が積み重なり、力になります。
また、夢をもつことは大変すばらしいことです。努力を続けると、夢がかなうことにつながります。
皆さんも、勉強やスポーツ等、やろうと決めて続けていることを、これからも頑張ってください。

子供たちは、夢や「継続は力なり」の言葉の意味について、校長先生のお話を真剣な表情で聞き入っていました。

校長先生のお話の後、児童代表による「2学期の頑張り」について作文発表がありました。
代表児童たちは、滑川市小学校音楽会や学級集会、スポーツ大会等で頑張った振り返りや、3学期の抱負を力強く発表しました。

終業式の後、担当の先生から、冬休みの安全についてお話がありました。

北っ子の皆さん、事故や病気に気を付けて、楽しい冬休みを過ごしましょう。