寒さをふきとばそう集会

2月1日(木)の3・4時間目に、1年生・2年生・3年生合同で「寒さをふきとばそう集会」を行いました。

毎年、上学年がスキー教室で校外学習に行く日は、3年生が上級生として1・2年生を楽しませるために集会を企画し、様々なゲーム活動を通して交流を深めます。

今年は、①空き缶ダーツボール、②ジェスチャー伝言板ゲーム、③ねずみとねこ、の3つのゲームを、みんなで楽しみました。
3年生の子供たちは、整列の並び順やゲームのルールを教えたり、得点を記録したりして、下級生に優しく接していました。

1年生、2年生の子供たちは、空き缶ダーツボールで空き缶を倒すと歓声をあげたり、ジェスチャー伝言板ゲームで、次の人に動きが分かるように、真剣にジェスチャーで伝言を伝えたりして、楽しく活動しました。
最後のねずみとねこのゲームでは、先生の「ねずみ」「ねこ」というかけ声に合わせて、呼ばれた動物の名前のチームが、相手チームを全力で追いかけ、大いに盛り上がりました。

子供たちは、寒さも時間も忘れ、楽しい時間を過ごすことができました。
2月は、これから、ジャンボカルタ大会や長縄大会があります。
学年を越えて、北っ子の仲よしの絆が深まり、よい思い出が増えていってほしいと思います。


集会スタートです!


空き缶ダーツボール・・・ボールを転がし、空き缶を倒します。缶の倒れた場所で点数が決まります。


ジェスチャー伝言板ゲーム・・・グループごとにお題をジェスチャーで伝え、最後の人が正しくお題を言えるかどうかを競います。一問目は「うさぎ」で、どのチームも正解でした。


ねずみとねこ・・・先生の声に合わせて、どちらのチームもすばやく動きます。寒さをふきとばす、熱いゲームになりました。