3・4年生 長縄教室

2月2日(金)の4時間目に、スタジオじゆうの先生を外部講師に迎え、3・4年生を対象とした長縄教室が行われました。

はじめに、柔軟体操や跳ぶ運動でウォーミングアップをしました。体育館のラインを目印に、縦や横向きに跳び越えたり、手の動きを合わせたりしながら、リズムよく体を動かしました。

続いて、3年生・4年生に分かれて、ダブルダッチの指導を受けました。
スタートする場所や、縄を跳ぶ場所、縄を出て走り抜ける場所の3カ所に目印を置き、子供たちは、一人ずつ目印に沿ってダブルダッチに挑戦しました。
講師の先生からは、「縄に入るタイミングは、手前側の縄が一番高く上がったときだよ。」と教わったり、かけ声をかけていただいたりしました。
はじめはタイミングがなかなか合わず、縄に入るのをとまどっている子供がいましたが、上手に跳ぶ友達の様子を見て、少しずつコツが見えてきたようでした。子供たちは、次々にダブルダッチを跳んでくぐり抜けると、歓声をあげていました。
片足跳びや、跳びながら体の向きを変える技にも挑戦する子供もいました。

授業の終りには、「もっと跳びたかった」という声も聞かれました。長縄を通して、跳ぶことができるようになって自信につながった子供が多く見られ、子供たちの表情は生き生きとしていました。