3年生社会 博物館出前講座

2月17日(土)の土曜学習で、2時間目に滑川市立博物館による出前講座がありました。
今回は、3年生が社会科「古い道具と昔のくらし」の学習で、昔の道具やくらしについて、学芸員の近藤先生より詳しく教えていただきました。

はじめに、写真資料を使って、昔は、電気冷蔵庫や冷房の代わりに、氷を使って物や部屋を冷やしていたことや、台所は土間にあったこと等、昔のくらしの様子を、分かりやすく説明していただきました。
子供たちは、今のような電化製品がない時代の様子について、興味深く話を聞いていました。

後半は、展示いただいた古いアイロンや湯たんぽ、七輪などの道具の使い方等を教わりました。実物を目にすることで、「アイロンにどこから炭を入れるのか」「とっくりには、お酒の他に、どんなものを入れて使っていたのか」等、子供たちは疑問に思ったことを次々に質問していました。

昔の道具のことや、昔の人の知恵や生活の仕方について、説明や質問を通して、理解を深めることができたようです。
近藤先生、ありがとうございました。