卒業を祝う会

3月2日(金)の2・3時間目に、卒業を祝う会が行われました。
もうすぐ卒業式を迎え、お別れする6年生に対して、在校生が学年ごとに出し物を発表しながら、感謝の気持ちを伝えました。

オープニングは3年生の「はじめの言葉」です。「やさしい6年生」「すてきな6年生」「見守ってくれた6年生」にいつも支えられてきたことを振り返り、6年生への感謝を伝えて幕開けとなりました。

学年発表では、1年生が「6年生クイズ」、2年生が「歌」、3年生がダンスや縄跳び・跳び箱等の「パフォーマンス」、4年生が「劇」、5年生が「6年生対在校生の対戦ゲーム」をしました。
発表では、6年生をゲストに迎えクイズに答えてもらったり、中学年と縄跳び競争をしたりして、大いに盛り上がりました。

   

在校生からのプレゼントでは、2年生が6年生に色紙を渡し、感謝の気持ちを伝えていました。

今回の卒業を祝う会では、先生からのサプライズ演奏もあり、6年生の担任が水戸黄門に扮して出演するなど、6年生にとって思い出深いものとなりました。

また、6年生からのお返しとして、学校生活で気を付けてほしいこと等を劇にした楽しい発表がありました。6年生の迫真の演技に、在校生だけでなく、先生たちも引き込まれるように真剣に見ていました。

どの学年も、6年生への感謝の気持ちを精一杯伝えることができたようです。

もうすぐ卒業式。6年生にとって、残り少ない学校生活ですが、楽しい思い出をたくさんつくってほしいと思います。